Web Lessons

絶対できる!ベーステクニック 1-3.【タブ譜つき】初心者でもできる練習曲

2017年11月22日 絶対できる!テクニック編

神戸でベースレッスン・教室をしています古賀隆博です。
(大阪でもベースレッスン、教室をしています)

今回のは、絶対できる!ベーステクニックシリーズ、前回前々回の2回のレッスンを踏まえて一曲弾いてみましょう!

「え!?もう曲に入れるの?」と驚くかもしれませんが、できるのです。

通常、教本や教室などではこの後、フィンガリングエクササイズやトレーニングをすることが多いです。
メトロノームに合わせてエクササイズをして、ピッキングとフィンガリング鍛えるわけですね。
これはめちゃくちゃ大切です。トレーニングやエクササイズは練習に欠かせないものです。

しかし、実際のみなさんの気持ちとしては「早く音楽をしたい!曲を弾きたい!!」ではないでしょうか?

簡単な曲でも「弾けるんだ」ということを実感できればモチベーションにも繋がるでしょう。
また、エクササイズを長々と続けるよりは「音楽をしている」という実感や「弾ける」というイメージが持てます。
結構これって大切なことだと思っています。

もちろん「基礎を固めて」という考え方をおろそかにするわけではありません。
それもキープしつつ、楽しめる、上手くこなせるということを早く感じていただきたく思います。

なんでも長く続けるには、「〜しなければならない」と「〜したい、〜できるようになりたい」のバランスが重要だと考えます。外発、内発、統制、自律というやつですね。

前置きが長くなりましたが、今回の曲はこちら!

 

 

Avril Lavigneの Rock N Rollです。

この曲はコードがダイアトニックコード4つだけでできており、比較的簡単に弾くことができます。

タブ譜はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Avril Lavigne Rock N Roll

2つのパターンを弾くだけでカタチになっていますね!
あえて細かい音符やリズムは省略していますが、ほぼ全編にわたって、4つのコードで2つのリズムパターンを弾く。
これだけのことで世界的大ヒットを飛ばすわけですから、本当に音楽というのは奥深いですね。

今後も、なにがしかのテクニックのたびに課題曲を提案しつつ学べるようにしていきます。
一緒に頑張っていきましょう!

それではみなさん、練習に励んでください!楽譜の細かい読み方(D.Sとかリピートとかコーダとか)も、音楽理論の方で取り上げますので乞うご期待!

実際のレッスンでは、弾き方や理論に関してリアルタイムで質問もできますので、より分かりやすく学ぶことができます。無料体験レッスンはこちら


TOP